【 雑学 】 - 隕石は毎年800個も降り注いでいる?!

images (2).jpg

「アルマゲドン」や「ディープ・インパクト」などの映画で題材として取り上げられる地球への隕石衝突。

記憶に新しいところでは2013年2月15日にもロシアに隕石落ちましたよね?


あの隕石で直径数m〜15m、推定で重さ約10トン。
破壊力は広島の原爆の約30倍の威力があったそうです。


20kmくらいの上空で爆発していたので被害は3千棟以上の建物の窓ガラス破損・負傷者1千人以上でしたが、もし直撃していたらとてつもないですね・・・・。


この規模の隕石が人の住んでる地域に落ちるのが珍しいだけで、実は直径約20cm、重さ10kg級の隕石は年間に約800個ほどが降り注いでいるそうです。



その中でも地表に衝突するものは小型の隕石で年間2〜3個。


地球規模の大災害になるような衝突が起きるのは1万年〜10万年に一回の確率。


人にぶつかる確率は100億分の1だそうです。




隕石にぶつかったらら相当ラッキーなんですねw












【科学の最新記事】
posted by 雑学MAN at 23:12 | Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。