【 雑学 】 - 100ボルトの電圧をたくあんに加えると発光する。


images (2).jpg

日本人に馴染みの深い「たくあん」

実は100ボルトの電圧をたくあんに加えると発光するんです。


この実験はもともと欧米などで有名な「電気ピクルス」という電気実験で、電極をピクルスに付けると発光するというのが元になっているようです。


ではなぜ発光するんでしょうか?


発光する原理は「原子発光」と呼ばれる現象で、ピクルスやたくあんなど塩漬けしたものに含まれる塩分(塩化ナトリウム)が強い電流と化学反応を起こして明るいオレンジ色の光を放つというもの

ちなみに同じ要領の漬物(らっきょう・浅漬け・明太子など)も理論上は塩分濃度を放電し易い割合で漬ければ、どんなものでも発光は可能らしいんですが、普通に市販されているものではやはりたくあんくらいしか光らないようです。


100ボルトは家庭用のコンセントの電圧と同じではありますが、間違っても家庭での実験は危ないのでおやめ下さい。






posted by 雑学MAN at 21:08 | Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。