【 雑学 】 - 映画で有名な"トランスフォーマー"はもともと日本のオモチャ?!

images.jpg


いまや映画やオモチャ、グッズなど様々な形で世界中で人気の「トランスフォーマー」



実は意外と知られていないところで、これもともと日本で作られていたオモチャだったって知ってました?


1980年代に日本で当時のタカラ社が販売していたトランスフォーマーの前身となる「ダイアクロン」シリーズなどの変形ロボット玩具のシリーズ後期のものを、アメリカの玩具メーカー"ハズプロ社"がタカラと提携して他社の変形ロボット玩具とも提携し、それらを総括して「トランスフォーマー」シリーズとして売り出しました。


それらがアメリカで大ヒットし、新たな形で日本に逆輸入されたものだったんですね。


しかし、その後タカラ側がトランスフォーマーとしてではなく販売していた商品(「超時空要塞マクロス」など)を"トランスフォーマー"としてハズプロ社が販売していたものが、権利の関係で販売中止になったり、アメリカの銃規制によって武器の描写やパーツのある商品の販売が出来なくなったりしたそうです。



ちなみに僕もトランスフォーマーのオモチャを子供の頃持っていて、確か記憶ではエンブレムのところに擦ると温度で色が変わって浮かび上がってくるトランスフォーマーのロゴのシールがあったような・・・・。


そのロゴを浮かび上がらせるのが大好きだったのをなんとなく覚えています。











posted by 雑学MAN at 02:16 | Comment(0) | キャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。