【 雑学 】 - 日本最小の村は東京都にあるの?!

images.jpg

伊豆諸島にある「青ヶ島村」(あおがしまむら)は東京都に属していて、人口は200人未満という日本で最小の村なんです。


島民のほとんどは外部から越してきた人たちで、年齢分布も他の村と比べて珍しく30歳代後半とかなり若いんです。

きっとエコでロハスなゆったり生活を求めてたどり着いた場所なのかもしれませんね。



さすがに小さな村だけあって、金融機関は郵便局だけ。


携帯も村中心部では3キャリア使えるそうですが、WILLCOMは使えないそうです。



島自体が世界でも珍しいキレイなカルデラ状の形をしていて、真ん中には「丸山」と呼ばれる山があります。

島の住所は全部「青ヶ島村無番地」なので、番地という概念はないそうです。



そんな小さな島にも島独自で電力を持つために、東京電力の発電所もあります。



一時期「シノラー」でブームだった篠原ともえさんの母型の家系が青ヶ島村出身だそうです。




日本最大の都市である東京都に日本最小の村があるなんて、なんだか面白いですね!
















posted by 雑学MAN at 18:22 | Comment(0) | 地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。