【 雑学 】 - 「続柄」「弱火」「代替」・・・読み方は?

images (3).jpg

世の中には普段そう思ってる読みのものと実際には違う言葉があります。



例えば「弱火」

会話の中では一般的に「よわび」になりますが、正式には「とろび」と読むそうです。
ただ、この程度のものはどっちで読んでも問題は無く、むしろ「とろび」とPCで入力しても変換してくれない場合すらあるので、普段の会話の中では「よわび」で問題はないみたいですね。


ですが「続柄」や「代替」に至っては、もはや本来の読みでは無く間違って伝わってしまっている場合すらあります。


家族構成や血縁関係を表す「続柄」

多くの人が知らずに「ぞくがら」と読んでしまいますが、「つづきがら」が正式な読み方。


他にも「代替」を「だいがえ」と読みたくなるところ、正確には「だいたい」


「借入金」も「しゃくにゅうきん」ではなく「かりいれきん」


「琴線」も、「ことせん」ではなく、「きんせん」が正解なんです。



皆さんはちゃんと会話の中でも「雰囲気」を書いてある通りに「ふんいき」と発音していますか?




正しい日本語がこれからも残っていくと良いですね。











posted by 雑学MAN at 00:38 | Comment(2) | 語源 / 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 雑学 】 - 「マジ」という言い回しは既に江戸時代には使われていた?!

ダウンロード.jpg


実は「マジ」という言い回しは既に江戸時代には使われていたそうです。





posted by 雑学MAN at 22:21 | Comment(0) | 語源 / 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。