【 雑学 】 - 抹茶アイスの緑色は蚕のフン


ダウンロード.jpg


これは結構有名な話ですよね?


実際に販売されている抹茶アイスやグリーンガムには蚕の糞が緑色素として使われています。



ただこの話であまり知られていないのは、この蚕のフンが「蚕沙」(さんしゃ)と呼べれるれっきとした漢方薬であるということ。

ちなみにこれが蚕沙↓↓
62.jpg

    関連記事⇒【 雑学 】 - 抹茶アイスの色素に使われている蚕のフン、「蚕沙」には驚くべき効能が?!




この蚕沙から緑色素となる葉緑素を効率よく取り出して、色素を安定させるために銅クロロフィルという形にして使用されます。

この場合商品の原材料名のところに[ 着色料:銅葉緑素 ]と書かれています。

レアなケースとして、漢方そのものを使う場合は[ 桑葉末 ]、本当の抹茶が使われている場合はそのまま[ 抹茶 ]と書かれています。



桑の葉だけ食べて育った蚕のフンはクロロフィル(葉緑素)が多く含まれていて毒素も無いので安心して使える素材として昔は手洗いや洗顔、歯磨きなどにも使われました。


現在では養蚕農家の減少によって、代用の化学製品が出回り蚕沙はネットでの販売くらいでしか手に入らなくなっています。
 
昭和40年代前半くらいまでは、商品として一般にも広く販売されていましたが、が減少するにつれ、またこれに代わる化学製品がたくさん発売されるにつれ、現在では、わずかにネット販売で手に入るくらいですね。


同じように虫から採った色素としては「コチニール」なども有名ですね。



あとは皆さんの馴染みの深い蜂蜜も、考えてみればミツバチが一度体内に入れてから吐き出した物。



意外と普段から我々は虫に助けられてるんですね!





posted by 雑学MAN at 16:01 | Comment(3) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 雑学 】 - 「ようかん」はもともと羊のスープ


images (2).jpg

日本を代表する和菓子の一つである「ようかん」

このようかんは漢字で書くと「羊羹」となります。


羊の羹(あつもの:肉・野菜などを汁で煮たもの)
つまりもともと羊のスープ。


日本に伝わる前のようかんは貴族が嗜む御馳走の羊スープでした。


それが日本に僧侶によって伝えられた時、仏教では肉食が禁止されてるので代わりに小豆や小麦を汁に浮かべて羊スープに見立てた形になり、やがてお茶の席で嗜まれるようになると汁気を無くし、戦国時代後半には海外から砂糖菓子が伝来により砂糖が加えられて今のような形に落ち着きました。



羊スープ ⇒ 精進料理 ⇒ お菓子


面白い進化ですね。






posted by 雑学MAN at 15:09 | Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 雑学 】 - 納豆をカニ味噌にする方法

p_204.jpg


根気良く納豆10000回混ぜると粒がなくなり、見た目にはペースト状で味はカニ味噌のようになるらしい。


今度ホントに実験してみようと思うが、雑学MANはカニ味噌も納豆も苦手なため、あまり気が進まないw






posted by 雑学MAN at 17:31 | Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。