【 雑学 】 - タリーズコーヒーにまつわる面白い雑学

店頭.jpg

スターバックスコーヒーと並んで人気のある、アメリカ・シアトル出身の「タリーズコーヒー」。


この両店舗には意外な関係性があったんです。


実はシアトルでは以前から「スターバックスコーヒーの前から周りを見渡すと、そこにはタリーズコーヒーが存在する」という皮肉交じりのジョークがあります。

なぜ、わざわざがライバルがいる場所を狙って出店するのか不思議ですが、この手法は実は他の業種でもよく使われているものなんです。


日本の例で有名なのが「セブンイレブンのそばには大体オリジン弁当」というもの。

これはもともと店舗の立地調査のためのマーケティング費用を抑えるために、大手であるセブンイレブンが費用をかけてあぶりだした客の流れる立地のそばなら必ず繁盛するであろうという予測のもとの行動らしいです。

その分オリジンはお弁当自体の品質にコストを回せるので、戦略としては非常に素晴らしいものですね。






posted by 雑学MAN at 04:25 | Comment(0) | お金 / 経済 / 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 雑学 】 - チケットを予約するには、ローソンチケットに電話! その時の買い方とは?

38273192.jpg


様々なコンサートなどのエンターテインメントを鑑賞する際に購入するチケット。


これらチケットを予約するときに人気の催し物の場合には、その争奪戦に勝つ必要があります。

ではどのようにすれば、その電話でのチケット争奪戦で勝つことができるのでしょうか?


まず基本的に固定電話でかけるようにしましょう。

一部の携帯や公衆電話からでは繋がらない場合があるからです。


固定電話から電話しても、さらにつながらなかった場合にかけなおす時もリダイヤル機能を使うのはやめた方がよさそうです。
最近ではリダイヤルによるかけ間違いが多いらしく、短縮したつもりが余計なタイムロスになってしまうこともあるからです。


さらに固定電話でかける時には番号の最後に"#"をつけるとより確実に繋がりやすくなります。


電話予約の場合、ローソンチケットは予約開始時間の1分前、チケットぴあは10秒前からつながります。



電話でのチケット予約の際は、ローソンチケット固定電話番号の最後に"#"


これでもうチケットが取れない心配はしなくても大丈夫そうですね。










posted by 雑学MAN at 13:34 | Comment(0) | お金 / 経済 / 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 雑学 】 - 100万円の重さは?

images.jpg

今、私たちが普段目にする日本のお札はどの紙幣も1000枚でおよそ1kg。


単純な話が1枚1g。


ですので100万円では100g。

豚肉の切り売りの単位みたいですねw



当然1億円で10kgってことになります。

1億ってなんだかもっと重いイメージがあったのに、夢がない感じがしますね。



ちなみに紙幣の厚さは1枚あたり約0.1mmなので、100万円は、なんと1cm!


・・・・子供の頃「100万円」といったら世界の全てが買えるんじゃないかってくらいすごいものだと思ってたのに〜(-д-;)


ただこの厚さ/重さは湿度なんかの影響で若干変わることがあるそうです。




そして下記が各紙幣の大きさです。

           高さ    幅
10000円   76mm  160mm
5000円    76mm  156mm
2000円    76mm  154mm
1000円    76mm  150mm


1万円を横に並べて地球一周と同じ長さにするには約250億円が必要になります。



そういえば"2千円札"ってどこにいったんですかね?



posted by 雑学MAN at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金 / 経済 / 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。