【 雑学 】 - 日本で流行してしまうかも?! デング熱を予防するには?

ダウンロード.jpg

あまり聞きなれないこの「デング熱」


実は日本でも戦時中に東南アジアなどに出兵していた兵士たちが持ち帰ってきてしまったウイルスが蚊を介して広まった事例がありました。


今回の代々木公園での騒動などの発症例は、渡航履歴がない日本人が感染したもととしては約70年ぶりだそうです。


感染経路はデング熱を持った蚊からの感染のみで、人間同士で直接感染することはありません。

ただし先ほどの大戦中の例のように、すでにいる感染者から蚊を介して拡がるので注意が必要です。





 【 テング熱の特徴 】

 ・熱帯・亜熱帯地方に多い病気
 
 ・はしかのような発疹が出る
 
 ・予防ワクチンは無い

 ・発症後には全身に頭痛・筋肉痛などの痛みを伴う

 ・処置せずに放っておくと致死率は10数%に上り、稀にデング出血熱を発症する




 【 テング出血熱の特徴 】

 ・1週間程度続く発熱から解熱、再び再発というパターンがみられる
 
 ・鼻血、血尿、吐血などの症状

 ・血液中の成分が血管からにじみ出て血圧を低下させ、最悪の場合ショック状態になりうる

 
重度の場合は治療において輸血が必要になることもあります。





しかし、まず第一に「蚊に刺されない」ことが感染しないで済む最善の方法です。


 ・蚊取り線香などの虫よけ剤を使用する

 ・長袖、長ズボンといったなるべく肌の露出の少ないものを着用する

 ・蚊の発生源になるような水たまりを作らないようにする



以上のような点を注意して、もし万が一蚊に刺されてから3〜14日のあいだに突然の発熱や体の痛みを感じたら、迷わずに病院に行きましょう。



日本の医療機関で適切な処置をすれば、致死率を1%以下。

むやみやたらに怖がる病気ではないです。




ただ今年の夏はちょっと蚊には気をつけた方が良いかもしれませんね!











posted by 雑学MAN at 19:23 | Comment(0) | 生物 / 人体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 雑学 】 - 日本最小の村は東京都にあるの?!

images.jpg

伊豆諸島にある「青ヶ島村」(あおがしまむら)は東京都に属していて、人口は200人未満という日本で最小の村なんです。


島民のほとんどは外部から越してきた人たちで、年齢分布も他の村と比べて珍しく30歳代後半とかなり若いんです。

きっとエコでロハスなゆったり生活を求めてたどり着いた場所なのかもしれませんね。



さすがに小さな村だけあって、金融機関は郵便局だけ。


携帯も村中心部では3キャリア使えるそうですが、WILLCOMは使えないそうです。



島自体が世界でも珍しいキレイなカルデラ状の形をしていて、真ん中には「丸山」と呼ばれる山があります。

島の住所は全部「青ヶ島村無番地」なので、番地という概念はないそうです。



そんな小さな島にも島独自で電力を持つために、東京電力の発電所もあります。



一時期「シノラー」でブームだった篠原ともえさんの母型の家系が青ヶ島村出身だそうです。




日本最大の都市である東京都に日本最小の村があるなんて、なんだか面白いですね!
















posted by 雑学MAN at 18:22 | Comment(0) | 地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 雑学 】 - ハエトリグサってどうやって虫を捕まえて、消化するの??

images.jpg

ハエトリグサという名前を皆さんも一度は耳にしたことがあるでしょうか?


別の呼び方で"ハエトリソウ"とも呼ばれているこの植物。

植物というのに虫を食べる肉食の生物なんですね。


なぜこのように肉食の植物が生まれたかというと、
ハエトリグサが自生している地域というのは、養分があまりない土壌なんだそうです。


根から吸収できない養分を虫を捕食することで補っているんですね。



口のような形をした二枚のトゲのついた葉は「補虫葉」と呼ばれていて、
英語ではハエトリグサのことを"ヴィーナス・フライトラップ"と言うんですが、
これは補虫葉の部分を女神のまつ毛に見てているんだそうです。


この捕虫葉で虫を捕まえると、その虫を溶かして養分として吸収します。

トゲはあくまで虫の動きを封じるものであって、実際に噛むことが出来るわけではないんです。



そしてこのハエトリグサのすごいところは、補虫葉にエサにならないもの、
例えばゴミなんかを置いたとしても反応しないんです。


補虫葉が閉じるのは一定時間のうちに2回以上の刺激を与えた時にしか閉じないようになっているんです。



ハエトリグサにとってこの補虫葉を動かすのには、ものすごくエネルギーを使うようなので、
もし飼う機会がある時には、あまりイタズラ半分で実験していると枯れる場合もあるんで注意が必要です。









posted by 雑学MAN at 17:14 | Comment(0) | 生物 / 人体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。