【 雑学 】 - あまり知られていない潜水艦の歴史

ダウンロード.jpg


海中に息を潜め、敵の船を迎撃したり見つからないようにミサイルを発射したりと、海での軍事的な作戦に欠かせない潜水艦。


我々の一般的な感覚だと20世紀に入ってから発明されたものなイメージがありますが、その歴史を遡るとだいぶ昔からあることがわかります。

海の中を進むための乗り物というカテゴリーで考えると有史以来最古のものでは、紀元前4世紀後半にギリシアにおいて、かの有名なアレキサンダー大王がガラス製のふくらんだ円筒状のものの中に入って海の中を移動したという伝説が残っています。

まぁ、これはあくまで"伝説"で実物があるわけではないんで証明はできないですが、既に「海中を移動する乗り物」という発想があったことは間違いないようですね。


時は進んで中世になると、レオナルド・ダ・ヴィンチが様々なカラクリや機械のスケッチをしたものの中に潜水艦の原型となるものがあります。



そしていよいよ1578年、イギリスでウィリアム・ボールンが海水の出し入れで浮き沈みをつける現在の潜水艦の仕組みを発明しました。

と言っても、これは上下の移動のみ可能で、前に向かって航行することは無理だったようです。



その次に出てきたのが1620年にオランダ人のコルネリウス・ドレーベルが海軍用に作った潜水艇で、
当時の動力は手で漕ぐものでした。

ただこの時は実戦で使われることはなかったそうです。



歴史上初の軍事利用がなされたのが、1776年にアメリカの大学生が作った「タートル」と呼ばれるもので、その名の通り亀のような形をした一人乗りのものでした。


これは実際にアメリカの独立戦争の際にイギリスの船に対しての攻撃を行ったそうですが、失敗に終わっています。



その後、各国でのめまぐるしい研究の成果が現在の潜水艦の技術へと繋がっていくんですね。
















posted by 雑学MAN at 05:45 | Comment(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 雑学 】 - 日本で最初に新婚旅行をしたのは、あの坂本龍馬だった?!

ダウンロード (1).jpg

坂本龍馬の名前を知っている方ならば、「寺田屋事件」はご存じかと思います。


林 忠交(はやし ただかた)という人物が、
京都の伏見にある寺田屋に潜伏していた龍馬を暗殺しようとした事件のことですね。



後に妻となる"お龍"が住み込みで働いていたこの寺田屋で1866年3月9日に事件が起きた際に、
お龍が早い段階で100人近い捕り方(罪人を捕まえる役人)が寺田屋に迫ってくるのを目撃して、
龍馬に知らせたことでなんとか暗殺されずには済みました。


ただこの時、龍馬が役人を銃で撃って射殺してしまい、そのことが後々さらに命を狙われる原因になったとも言われています。


おまけにこのときの事件で、龍馬は手を負傷してしまいました。


この事件の翌月にお龍と結婚した龍馬は、
西郷隆盛、小松帯刀(こまつ たてわき)とともにケガをした手の治療を兼ねて温泉地を巡る旅をしたそうです。


これが日本最古の新婚旅行であるとされています。



ちなみに薩摩藩の出身である小松帯刀(こまつ たてわき)も、妻との新婚当時に家族とともに旅行に行っているので、
そちらが本当の「日本で最初の新婚旅行」だった可能性もあるそうなんです。




蛇足になりますが、最近の新婚旅行の行先ベスト1は、



やっぱりハワイだそうです。




一生に一度(のつもりでw)の行事である新婚旅行ですから、やはり思い出に残るものが良いですよね!








posted by 雑学MAN at 03:06 | Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 雑学 】 - うつ病原因にこんな意外なものが?!

images.jpg

先日、ハリウッド俳優のロビン・ウィリアムズさんがお亡くなりになられました。

彼もうつ病を患っていたみたいですね。



彼ほどの明るいイメージのある人でさえ、うつ病になってしまうのですから僕たちも気をつけた方がいいですね。



ところでこの「うつ病」
どういうメカニズムかを簡単に説明すると「バランスが悪い状態」なんですね。



食べ過ぎ/食べなさすぎ、動きすぎ/動かなさすぎ、ポジティブ過ぎ/ネガティブ過ぎ・・・・。



人間や生き物には必ずリミッターの役割をするものがついています。


動きすぎれば体が疲れますし、動かないのも知らないうちにストレスになります。


でも今の時代の人間の生活には色々な制約があって、必要以上の我慢をしたりしてリミッターを飛び越えて、ちょうどヒューズが飛んでしまったような、ブレーカーが落ちてしまったような状態になるのがうつ病。


ただ中にはこういった原因以外にも鬱になる原因があるんです。



それは単純明快!

「太陽の光を浴びない」を続けると、人は簡単に鬱になってしまうんです。


日照時間の短い冬や、雨季などの時期に各国で自殺率が急激に上がるそうです。


ちなみに最近の研究でわかったことで、耳の穴に向かってライトで光を当てるとうつ病は回復しやすいそうです。



僕は医者ではないんで、あまりテキトーなことは言えませんが、悩んだときは太陽のもとでゆっくり散歩するだけでもちょっと気分が晴れるかもしれませんね!








posted by 雑学MAN at 03:00 | Comment(0) | 行動 / 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。